バーの集客を増やしたいならSNSを利用するべき

レジスター

商品の動きを把握する

POSシステムを導入することで、商品管理、在庫の調整が容易になり、お店の商品の動きが把握できます。商品管理をPOSシステムに任せることで、それに関わっていた従業員の労力をお客様へのサービスに向けることが出来、ひいては、お店の売り上げにつながってきます。

作業員

出前を効率よく行う

宅配コンサルタントに依頼する流れは、最初に業務を書類と実地両面で見てもらいます。それから解決すべき点を一つ一つ解決していき、従業員全員の負担を軽減していくのです。結果的に経営者と従業員、お客様の全ての人が得をするので積極的に宅配コンサルタントを活用しましょう。

握手

大使館や領事館で申請

香港の就労ビザは、入境管理局に必要書類を郵送するか、日本国内の大使館または領事館を経由して申請を行います。企業と労働者のそれぞれが、就労ビザ申請書やパスポート、香港身分証、会社の決算書などの必要書類を準備し、申請してから約1ヶ月で取得できます。

お店の宣伝をする

お酒

SNSやブログを活用する

バーで集客をしたいなら、ブログやSNSは活用するべきです。いまの時代なら、ホームページをつくっても効果的です。街を歩いていて、たまたまお店を見つけたから入るというお客様もいますが、インターネットで検索してから行ってみるというお客様も一定数います。バーの住所はわかりやすく、簡潔にかいておきましょう。初めて入るお店というものは、勇気がいります。バーの雰囲気、店内の様子がわからないからです。なので、ブログやSNSにバーの外観と店内の写真、スタッフたちの様子をアップすると初めてのお客様でもお店に入りやすいです。バーに特徴をもたせるのも集客につながります。お酒が美味しい、種類が豊富などにプラスして、なにかあるとお店の強みになります。たとえば「料理がおいしい」「バーの雰囲気が良い」「接客に親しみがもてる」などです。お客様にとって心地よいものがあると、新規のお客様から常連さんになります。また、常連さんを大切にするお店は、客足が途絶えないと言われます。常連さんが新規のお客さんを連れてきてくれるからです。お客様を大切にするだけで、集客になります。これから新規でバーを開こうとしてるなら、ターゲットを絞って集客するのもありです。まずは地域の特色をとらえましょう。女性の比率が高い、年齢層がたかめ、仕事帰りの人がよく通るなど、あるはずです。料理やお酒の種類、お店の雰囲気をターゲット層に合わせると集客になります。